BTC(ビットコイン) 2018/06/28

デジタルゴールドであるBTCは$6000を割り込んで$5900の安値をつけています。

それと同時に,MACDヒストグラム,そしてRSIが”どちらも安値を切り上げており,”強気のダイバージェンスを示唆しています。底打ち反転は極めて近いと感じます。

私はファンダメンタルズ的に考えて,10年〜100年以内にビットコインが紙切れになるリスクが高いと感じています。この予想の根拠は,FRBをはじめとする中央銀行が自ら仮想通貨を発行し,それが主流になるため「本来正統な」ビットコインよりも,後発だが国家・バンカーの後ろ盾のあるFEDコインが勝つと見ているためです。これには10年〜数十年の時間がかかるとは思いますが。

すなわちバフェット流としては,ビットコインという商品には手を出すべきではありません。

しかし,純粋に先物市場でトレード可能な商品としては今は買い場だと見ます。唯一残念なのは仮想通貨界隈が下火で思ったより機関投資家の参入が見込めないことです。もう一つ盛り上がりに欠ける相場なので,せっかくのテクニカル反転シグナルがあまり意味を持たないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です