ゴールド 2018/06/26

ゴールドのRSIが30を割り込みました。2015年を振り返ってみると,RSIが30以下だった期間は2015年11月9日から2015年12月22日までの7週間でした。この期間の間に$1202から$1124まで-$78下落しています。

もし2018年のRSI30割れが2015年と似た動きとなるならば,2018年6月25日〜8月頭まで長い長い下げトレンドの始まりを示唆します。単純計算だと$1257から$78下落した$1179あたりがターゲットということになります。

昨日時点でのCOMEX GoldのOpen Interestを見てみると,現在484Kまで上昇しておりCommercialsのショートが積み増しされている様子が伺えます。実際のところ,今から7週間に及ぶベア相場は想定していませんが,少なくとも短期的にはCommercialsと同じポジションを取るのが最も楽に儲けられる戦略だと考えています。

すなわち,Money Managersのネットロングがフラットになるまではショートということです。先週火曜日時点でMoney Managersは53%がロング,Large Specsは66%がロングであり,まだポジションを吐き出させる余地があります。ロングスクイーズのゲームなので,流れの強い方に従うのが合理的です。

私はバフェット流・テンプルトン流の逆張り投資家ですので,明確な売られ過ぎ(Money Managers/Large Specsがネットショート)になった場合にはバーゲンハンティングを計画しています。Open Interestも400Kあたりまで下がってくれると最高ですね。

COT

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です