銀 weekly 2018/05/21-

シルバーは貴金属の中でも最も強気なセットアップになりつつあると思います。

3月末以降はCommercialsのネットショートは過去最低クラス,Large Speculatorsも珍しくネットショートに張っていると言う状況です。Open Interestは195Kまで下がってきており,まだいくらか下がる余地はあるものの十分に低水準だと言えるでしょう。

一部のCOTウォッチャーが言っている通り,Small SpeculatorsとNon Reportablesがネットロングに大きく張っている状況で,こうした時には上がりづらいと言う意見もありますが,私は2017年6月のようなパターンで上がることもあると見ます。(珍しくSmall Speculatorsが大きくネットロングに張っている状況で,Large Speculatorsがネットロングを積み増ししての上昇パターン。)

当面,長期金利の上昇とドル高がいつ反転するかが最大の注目点ですが,このドル高要因を除けば銀は上昇基調に戻ってもおかしくありません。短期的(1ヶ月程度)には$17.2〜$17.5を目指す展開を想定しています。

今年は秋口にかけて長期金利の急騰とドル高を予想しているため中期予想が難しくなってきましたが,そこは臨機応変にウォッチしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です