バフェット流 企業分析シート ①リリースノート

誰でも簡単にバフェット流の企業分析を出来るページを用意しました。下のリンクから飛んでください。また,本ブログの上部ツールバーにもリンクが用意されていますので,こちらもご利用ください。

 

本ブログを普段読んでいただいている方はよくご存じの『個別企業分析ページ』を自動化したものです。今まで必死で決算書を読みあさってブログを書いていたのですが,本ブログのさらなる発展のためには記事執筆の効率化が必要だと気付きました。いまのところ,S&P1500銘柄すべてを分析するというのが短期的なゴールです。そのための第一歩として,せめて定量的なデータの分析だけはGoogleスプレッドシートではなくWebベースで自動化できないかと言うことで作りました。

まだまだ頭の中に描いている構想の3割ぐらいしか実現できていませんが,いずれは多角的な分析や個別企業の近況なども一目で分かるような,質・量ともに充実した米国株ポータルサイトにしていきたいと思います。

使い方

使い方は以下の通り簡単です。

  1. ティッカーシンボルを入力
  2. 自動計算結果が表示されるまで10秒ほど待つ ※高速化できていないので待ってください
  3. 10年間の業績の推移を確認し,投資対象として評価する

まだベータ版のため予告なく内容を変更することがあります。特に企業業績の採点基準は試行錯誤中で,多くの企業の特徴をかたよりなく採点する方法を編み出すにはまだ時間が掛かります。点はあくまで参考程度とお考えください。

目標

夢は大きく『日本最高の米国株投資教育ポータルサイト』を目指します。

6 thoughts on “バフェット流 企業分析シート ①リリースノート

  • 2016年10月11日 at 9:43 AM
    Permalink

    少しやらせてもらいました。すごいものを作りましたね。びっくりしました。

    Reply
    • 2016年10月11日 at 12:28 PM
      Permalink

      >けいるんさん
      早速お試しいただきありがとうございます。
      フリーコンテンツベースでもインフォグラフィック的に見栄えを工夫すれば、企業分析の敷居を下げられると思って作ってみました。
      ちょっと自分でも、財務諸表に依存しすぎで数字バカになると相場が分からなくなるなと感じたのがキッカケです。
      各企業のラフな業績判断は本シートに任せて、経営陣分析や製品の競合力分析などの「アート(感性が必要な分析)」の方に皆さんが集中して取り組めるようにするというのが最終的な目的です。
      改良アイデア自体は山ほどありますので、実現まで気長にお待ちください。

      Reply
  • 2016年10月24日 at 4:03 PM
    Permalink

    使わせていただきましたが、これは本当にスゴイですね。長期投資家にとって必要な情報が視覚的にわかるようになっていて、めっちゃ素晴らしいです。とても感動しました。

    Reply
    • 2016年10月24日 at 4:25 PM
      Permalink

      東条さん
      コメントありがとうございます。まだまだ改良していくつもりなので、ご意見、アイデア等ありましたらお願いします。
      実は先日、『資産防衛の真実』を読ませていただきました。まだ会社を起こす経費の方がメリットを上回っているので動いていませんが、法人という枠組みを活用するメリットを詳しく解説されており、大変参考になりました。いつかは法人に移行したいと考えております。
      また良書を出して下さい。期待しています!

      Reply
      • 2016年10月24日 at 7:25 PM
        Permalink

        1株あたりの価値を調べるに必要な要素が全てグラフ化されていて、本当に素晴らしいとしか言いようがありません。(全体の発行済み株式数の推移もあればいいかもと思いました。自社株買い利回りがあるので、それを見ればわかるのでいらないかもですが・・・^^)とにかく感激致しました。

        いえいえ、とんでもございません。私の書籍をお読みいただき、ありがとうございます。(お恥ずかしい限りです。)

        ブログ全体的に素晴らしい記事ばかりでとても感銘を受けております。勉強させていただきます。

        Reply
        • 2016年10月30日 at 11:37 AM
          Permalink

          >東条さん
          http://forever-investor.com/investmentstrategy/buyback/buffett-style-analysis-6/
          平日は時間がとれず遅くなってしまいましたが,
          発行株式数の推移を機能追加で盛り込みました。ご確認ください。
          東条さんもブログやメルマガ執筆時に苦労されているかと思いますが,
          米国企業(特に内需型)は日本にいると企業活動の実態がよくつかめません。
          せめて業績・財務あたりだけは,会計知識がなくても誰もが理解できるような
          敷居の低い米国株ポータルにしていきたいと思いますので応援をよろしくお願いします。

          Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です