キャタピラー(CAT) 企業分析

企業ホームページ

Caterpillar

米国企業としては珍しくアニュアル・レポートの日本語版が用意されています。(ほかにも中国語など多言語で用意。)ここまでIRに誠実な企業も珍しいです。

セクター

資本財(農業および建設用機械)

企業状況

世界首位の重機メーカーです。主力事業は資源開発や建設業者向けの油圧ショベル,ブルドーザー,工業用エンジンなどです。部品交換や手厚いサポート体制で長期的な顧客との信頼関係を築くことを重視しています。またディーラーとの関係も重視しています。

セグメントとしてはエネルギー&輸送部門が最大(39%)で,続いて建設産業部門(35%),資源産業部門(16%)の3部門が中心で全体の90%を占めています。

2012年までは好調なエネルギー関係への投資熱で好業績を連発していましたが,2014年以降続く資源・エネルギー価格の下落による影響で,直近の売上は大幅に減少しています。特に資源産業部門は売上半減近くになっています。5000人以上のリストラによる費用削減も行っていますが,売上減少をカバーすることは出来ていません。

2015年に引き続き,2016年もYoY-10%程度売上が減少するとのガイダンスが出ており,見通しは明るくありません。

地域別では,北米43.9%,欧州アフリカ中東24.4%,アジア太平洋19.8%と海外展開に積極的です。海外ではコマツと競合しています。

市場

エネルギー&輸送部門

石油・ガス・発電所などのエネルギー産業向けには,ドリル,ガス・タービン発電機などを販売しています。三菱重工や日立などが競合してきます。

船舶・鉄道などの輸送産業向けには,ディーゼルエンジン,レシプロエンジンを販売しています。こちらはカミンズ(CMI)が主要な競合でしょう。

建設産業部門

油圧ショベル,バックホー・ローダーなど工事現場で使う重機全般を販売しています。コマツが競合ですね。

資源産業部門

主として鉱業や採石業向けのトラックやショベル,採掘機を販売しています。鉱物資源が中心でしょう。

 

最近のマーケット状況

5年チャート

cat-5yr-chart-20160307

日足チャート

直近の株価は原油価格の反転に連動して高騰しています。

cat-daily-chart-20160307

先四半期のキャッシュフロー

ここ1年間の四半期決算では売上が右肩下がりに減少しています。2015Q4ではついにEPSがマイナスに転落しました。業績としては非常に苦しい状態が続きますが,一方でキャッシュフローは盤石であり,利払いの圧迫も受けていません。配当に関しては問題ないと思います。

cat-cf-2015q4

直近株価評価

現在の株価は資産価値から考えて割安です。

現状 スコア 満点
機関投資家比率 67.0% 10 20
機関投資家の売買動向 -2.7% 3 12
インサイダーの売買動向 -0.9% 9 12
現在の株価(資産に対する割安度) $72.84 20 20
現在のPER(Forward) 20.07 5 20
現在の配当利回り 4.2% 16 16
63点 100点

10年ファンダメンタル分析

株主還元には非常に積極的です。連続増配22年を記録しており,自社株買いも行っています。

ただし,景気循環株であることから売上・利益の振れ幅が大きく,直近5年で見ると営業CF,EPSはマイナス成長です。

石油メジャーやシェールガス企業は新規投資を行う余裕はなくどこも25%〜50%程度の設備投資削減を発表しています。ここ1年ぐらいは引き合いもあまり期待できないと思われます。

10年ファンダメンタル レーダーチャート

10年ファンダメンタル 得点表

重機は安全性と信頼性・サポートが重視されることから,キャタピラー(CAT)は確固たるブランド価値を築き上げることに成功しています。ただし,競合状況としては厳しく,収益性は余り高くはありません。

5年平均 5年スコア 10年平均 10年スコア 満点
配当株総合評価 230点 246点 500点
グロスマージン(粗利率) 27.8% 30 27.7% 30 40
営業キャッシュフローマージン 13.3% 0 14.1% 0 40
株主資本利益率(ROE)平均値(Net Income/Equity) 19.8% 10 32.5% 20 20
収益力評価 40点 50点 100点
営業キャッシュフロー増加率 -1.0% 0 1.4% 10 40
フリーキャッシュフロー増加率 2.0% 8 0.9% 8 32
EPS増加率 -13.9% 0 -3.8% 0 28
成長力評価 8点 18点 100点
自己資本比率平均値 19.7% 10 16.4% 10 40
流動比率(流動資産/流動負債) 139.4% 20 136.2% 20 40
クレジット格付け 14 15 14 15 20
財務健全性評価 45点 45点 100点
平均配当利回り 2.5% 21 2.6% 21 28
自社株買い利回り 2.0% 12 1.3% 8 16
配当金増加率 10.3% 28 10.3% 28 28
配当性向(増配余地) 31.2% 21 31.2% 21 28
株主還元評価 82点 78点 100点
ブランド力 40 15 40 15 60
エコノミック・モート Wide 40 Wide 40 40
定性的評価 55点 55点 100点

10年分析グラフ

cat-10yr-analysis

優良銘柄の条件

優良銘柄の条件 結果 判定 備考
条件3:他社と差別化できる優れた新製品を持つ 建設機械ではブランド力あり。品質・サポートに定評。
条件5:主力製品の市場が長期的に拡大し続ける余地がある  資源分野は短期的に大幅に投資削減されて逆風。 ×
条件10:売上,営業キャッシュフロー,フリーキャッシュフロー,EPSのバランスがよい  バランスはよいが,売上減が響いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です