バフェット流企業分析シートを高速化しました

本日,バフェット流企業分析シート(高速版)を公開しました。

昨年10月に公開して以来,多くの方に毎日ご利用いただいており感謝しております。

一方で,分析結果が表示されるまでが非常に遅く,ご不便をおかけしている点については心苦しい思いを持ち続けていました。

そんな中でやっと重い腰を上げて全面的にコードを書き直し高速化することができました。(15秒→5秒)

先日も書いた通りJavaScriptの知識もない米国株マニアが作っているサイトです。そんな私がオライリー本などを購入し,一からプログラミングを勉強し直そうと発奮するに至ったのも,ひとえに毎日お越しいただいている皆様の応援のおかげです。

今回の更新内容についてのご連絡ですが,ウォーレン・バフェットの重視する指標や企業分析項目は残しつつ,株式指標値,バフェットロジー分析によるリターン予測などの機能を追加しました。それぞれのチャートや指標の使い方は,後日紹介予定です。

 

私自身,今まで各社のアニュアルレポートや投資情報サイトを見てきましたが,証券会社が売買高を増やす目的で書いている提灯記事だったり,データが数値表だけで視覚的に理解しづらかったり,英語情報ばかりで読むのに時間がかかったりなど苦労の連続です。おそらく多くの投資家の皆様も似たような感想をお持ちなのではないでしょうか?

私が企業分析に必要だと感じている要素は,

①分析に偏りがないこと
②視覚的に理解しやすいこと
③定量的に比較しやすいこと

の3点です。

そのために,企業業績をビジュアルで表現し,誰しも持っているバイアス(好み,性格,行動パターン,思考パターン)を取り除き,よりフラットな投資判断を下せる助けとなるサイトがほしいというのが,バフェット流企業分析シート作成の目的です。(バフェットは数値を数値のままで理解できる変人でありそのままでは真似できません。私のような凡人は,バフェットの頭の中の数値計算をコンピューターで計算させたうえで,チャート形式で見る必要があるというわけです。それでやっとバフェットの足元にたどり着けるレベルです。)

前置きが長くなりましたが,米国株投資家の皆様が投資判断を下す上で欠かせないポータルサイトになれるよう目指してまいります。今後ともよろしくお願いします。

注) ご利用いただく上であらかじめご理解いただきたいのですが,数十銘柄についてテストしてみたところ,データソースとして利用しているYahoo Financeやモーニングスターのデータの不備があることが分かりました。現在,それぞれのサイトのヘルプデスクにデータ修正依頼を出していますが,修正がなされるかどうかは定かではありません。

もしチャートが不自然な形に崩れている場合は,データソースが怪しいか,当サイトのプログラムの不具合の可能性があります。そのようなケースで一番信頼できるのは当の企業の投資家向けサイト(IRのページ)です。怪しいと思った場合はダブルチェックをお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です