アマゾン(AMZN)×フィンテック(FINTECH)

アマゾン(AMZN)のパトリック・ガウシア氏がコペンハーゲンで開催されたMoney2020カンファレンスにて,フィンテック系企業の買収に乗り出すとのコメントを出しています。アマゾンは2006年にアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)にて「クレジットカード一枚用意すれば即日でストレージサービスを格安で利用可能にする」という価格破壊+既存手続きの破壊によって業界のリーダーに上り詰めた実績があります。企業文化としてよその業界の常識を破壊することが楽しくて仕方ない会社なんでしょうね。

ここでフィンテックの雄としてアマゾン・ペイメントが筆頭候補に躍り出る可能性が出てきました。たとえ後発でも抜群の価格戦略とサービス利便性で他社を引き離してきました。いわゆるネットワーク効果を狙っての先行投資は得意中の得意です。

今回は銀行で最もいやがられる「支払いの煩雑さ」や「与信手続きの破壊」を狙っているようです。私はクレジットカードサービスを普段利用していますが,クレジットカードというのは【カード会社+銀行(Issurer)】という両輪がタッグを組んで回っている業界です。カード会社だけでもだめで銀行だけでもだめです。

銀行はというと,JPモルガンが言うように「フィンテックとは競争せず共生する」路線を模索しており,キャッシュレスペイメント・テクノロジーの中心がカードからモバイルペイメント(アップルやアマゾン)に一気に移行する可能性もあります。2016年はアマゾン株の飛躍の年となるかも知れません。

逆に苦しくなるのは,寡占状態を築き上げてきたVisa(V),アメリカン・エクスプレス(AXP),マスターカード(MA)の三社です。ブランド価値という意味でフィンテックにおいても当初は存在感を見せることができると思いますが,いかんせん新しい土俵に上がれば競争が激化するのは避けられません。

その点,アマゾンは直近の利益を気にせず,とにかく破壊的に新業種に参入し売上を伸ばすことだけに投資を集中すればよいので,現時点ではかなり有利な立場にあります。

以下,Money2020でのコメント引用です。

Speaking on the fringes of the Money2020 conference in Copenhagen, Amazon executive Patrick Gauthier revealed that the e-commerce giant is contemplating acquisitions in the payments space as fintech valuations come down to earth.

Gauthier heads up Amazon’s payments unit, which counts 23 million active users and is experiencing 200% year-on-year growth in merchants applying its Pay with Amazon button to enable consumers to use their Amazon accounts for one-click shopping at other e-commerce sites.

Talking to CNBC at Money2020, Gauthier said: “We created this business unit a year ago, now I’m starting to look at opportunities outside. After a number of years where fintech has been a little bit ahead of itself in terms of valuations things have come back to earth.”

A recent report by PwC and Startupbootcamp noted that while startups focused on disrupting payments have hogged the fintech limelight over the last few years, by last year innovation in the areas had already reached a certain level of maturity. Valuations have been dropping in recent times as investors realise that viable businesses need more than just a pretty interface to attract large volumes of users in an area where scale and reach are more important in attracting both payers and payees.

Gauthier did not reveal specific targets but said Amazon is on the lookout for companies with “good teams, people who have a focus on customers, and means through which we will be able to extend the number of user cases and number of places where we can roll out Pay with Amazon”.

His comments come as Amazon launched a new global programme designed to help e-commerce platform providers and developers extend the use of Amazon Payments to their merchant customers. The move is a clear signal from Amazon that it plans to step up the pressure on rival providers like PayPal One Tech and Visa Checkout – and the possible forthcoming entry into the business by Apple – as it spreads its payments business across the wider Web.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です