マーケット指標のページを追加

ツールバーのところに『マーケット指標』を追加しました。主な目的は私自身が毎日チェックしている指標を一覧化したかったためですが,皆さんにも参考になれば。

Fear and Greed Index

投資家心理が弱気に傾いているか,欲の皮が突っ張っているかを表します。昔はこういった指標を信用していなかったのですが,2016年1月〜2月の大暴落以来,ミセス・マーケットの動向(株式市場の心理状態)を占う上で参考になったためチェックするようになりました。

fear-greed

相場指標

原油(北海ブレンド原油),S&P500,ドル円の為替の三指標を表示しています。

利上げ指標

米国失業率(雇用状況を判断する指標),食品とエネルギーを除くPCEデフレーター(物価のインフレ水準を判断する指標),Fedのドットプロットなどを表示しています。

3 thoughts on “マーケット指標のページを追加

  • 2016年10月19日 at 9:21 AM
    Permalink

    はじめまして。
    当方、「億り人を目指すサラリーマン日記」というブログを書いている、ぴょんきち大佐というものです。
    貴HPのバフェット流企業分析が大変便利で利用しています。
    今後購入したい銘柄や保有している銘柄について、バフェット流企業分析を当方のブログに掲載してもよろしいでしょうか?
    まるごと掲載はせず、一部表やグラフを掲載したいと思っています。

    Reply
    • 2016年10月19日 at 12:42 PM
      Permalink

      ぴょんきち大佐さん
      ご利用頂きありがとうございます。
      米国株投資家の皆さんの教育・学習ツールとして役に立てばと思って運用してますので、チャート等引用して頂いて構いません。
      ただし、あくまでグラフ・表含めて計算結果が保証しかねるということはご了承ください。できるだけ気づいたときは修正はしていますが、元データのモーニングスター等のデータにミスがあることもあって完璧は難しいのです。
      また引用元を書いていただければ。
      よろしくお願いします。

      Reply
  • 2016年10月19日 at 3:23 PM
    Permalink

    ありがとうございます。
    計算結果については承知しました。

    引用元を明記した上で、掲載します。
    今後ともよろしくお願いします。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です