2017年2月バーゲン銘柄

今月のバーゲン銘柄の紹介です。割安銘柄を全て挙げたらきりがないので,長期的な業績が一定以上の水準を満たす銘柄に絞ります。

バーゲン銘柄

VFコーポレーション(VFC) :ノースフェイス,ティンバーランドなどの有名アウトドアブランドを傘下に収めるアスレティックブランド大手ですが,2016年以降売られ続けています。そろそろバーゲンと判断して良い水準まで落ちて来ています。

リジェネロン(REGN) :バイオセクター全体の下げにつられて売られています。

バイオジェン(BIIB):同上

ギリアド・サイエンシズ(GILD):同上

シャイアPLC(SHPG):同上

エクスプレス・スクリプツ・ホールディングス(ESRX):PBM(薬剤給付管理)大手です。CVSヘルス(CVS)とともに薬価引き下げを要求してくる圧力団体のようなものですが,米国の薬価引き下げ圧力は製薬業界の利益マージンを押し下げるだけに止まらず,こうした中間業者の利益も圧迫しています。

トランスダイム・グループ(TDG):航空機部品メーカー大手。航空機の部品というのは,極めて厳格な品質管理と書類による届出が必要であり,こうした煩わしさが参入障壁となっています。2017年年始以降,売り込まれています。

クアルコム(QCOM):最大の取引先であるアップル(AAPL)から訴訟を起こされたことで暴落しています。業績も昨年以降やや頭打ち状態であるため売りを呼び込んでいるようです。

マテル(MAT):おもちゃ最大手。米国人の知人に聞く限り,キャラクターグッズの樹脂玩具のようなものは依然として人気は根強いようです。

4 thoughts on “2017年2月バーゲン銘柄

  • 2017年2月5日 at 11:48 PM
    Permalink

    こんばんは、いつもブログ拝見しています。
    トランスダイムはたしかTDGですね。
    航空防衛セクターをながめていたときに初めて知った企業です。
    マージンがとても高いけど今のところ無配なので投資対象外ですが、無配企業にも少し投資するとしたら有力候補になりそうです。

    Reply
    • 2017年2月6日 at 8:50 AM
      Permalink

      FDGさん
      こんにちは。ティッカーのご指摘ありがとうございます。修正しました。

      トランスダイムの配当方針が一貫していないというきらいはありますが,
      2015年の企業買収により一時的に配当を止めているだけだと捉えています。
      キャッシュフロー面で考えるとフリーCFは潤沢で業績への不安は感じられません。
      航空機部品の町工場を束ねた感じでGEのようなブランドの統一感がないのが
      いまいち人気がない理由のようにも思います。
      地味ながらシナジー(実利)重視な買収を行なっているという意味では,
      B2B企業としてはこのやり方で十分なのかもしれません。

      Reply
  • 2017年2月15日 at 11:56 PM
    Permalink

    PTNがブレメラノチドを2018年に発売予定とありますが、こちらは割安と言うにはギャンブルすぎるでしょうか。

    Reply
  • Pingback: サイクル – 永久投資家の米国株投資物語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です