S&P500 2018/05/29 収穫期相場へ

2週間前から書いている通りS&P500の買い場が到来しました。

予想通り$2680ゾーンへの押しですね。昨日の安値$2675は強いサポートで守られ終値では$2692まで上昇しています。何回も書いている通り$2680ゾーンはリスク/リウォードとしては魅力的な価格帯です。月末にかけてのQTも乗り切れそうですし,次は反転上昇がどこまで伸びるかを期待する展開でしょう。

私は株式相場に対しては夏の新高値秋〜冬〜来年前半の総崩れを予想しており,長期的にはリスクの高い相場になると考えています。

私は長期投資家なので高値を期待しつつシニカルな見立てでウォッチしていますが,バフェットのような長期投資家が最後の利食いをして次の冬に備えてキャッシュを蓄える収穫期というような相場観で見ており,悪く言えばここ数年の上昇相場に乗れなかった出遅れ組が高値づかみの餌食になると思います。(仮想通貨と同じ)

今は三大中央銀行(FRB,ECB,BOJ)のQEの余波でまだ流動性の供給はネットでプラスですが,2019年にかけては流動性がネットでマイナスに落ち込みます。今一時的に低下している長期金利の急騰,そして中銀による流動性縮小に加えて,トランプによる貿易摩擦,北朝鮮やイランの地政学リスクが顕在化し,為替・株式ともに荒れ始めたら黄信号です。

トレーダーとしての本当の腕試しは今年後半以降ということになるでしょう。楽しみですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です