SPX weekly 2018/05/14-

S&P500新高値へ

前回の投稿以降の2日間で大きく相場の景色が変わりました。

週足チャートで見ると一目瞭然です。ここから先は青天井。大きなクラッシュ前の最後のブル相場と見ています。

 

相場には2種類のタイプの投資家が参加しており,機敏にトレンドを見て動ける人(プロ,ファンド,金融機関)と,どうしても判断が遅れてしまいトレンドの終盤になって動く人に分かれます。今回のブル相場は,今までゴルディロックス相場に乗り切れなかった出遅れ組が飛び乗ってくることで大相場に発展すると考えています。ただし,この大相場は暴れ馬なので乗りこなすのは難しく,今年後半にかけて多くの勝者と敗者を産むことになるでしょう。

週足チャート

COT

  • Commercialsはネットロングを増やしています。今の水準は2016年2月以来の高さです。つまり,JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカなどの大手金融機関はブルに賭けてます。
    Commercialsのロング比率はというと,こちらも2015年8月,2016年2月を超える73.5%もの比率です。(上図のCOT COM Long/ LS MM Shortの赤丸のところ)
  • Large Speculatorsはここ最近の上げ下げ相場でネットロング,ネットショートと細かくトレンドを取りに行く動きを示していましたが,今は静観しています。ネットでややショートですが偏ってはいません。トレンドが出れば一気に動くと見ていいでしょう。
  • Other Reportables(小口の機関投資家)は,こちらもまた2016年2月以来の水準でネットショートに偏っています。
  • Open Interestは121Kコントラクトです。3月19日に底打ちして以来OIは増えていますが,依然として低い水準でありまだまだ上昇余地はあります。
  • 文句なしに強気です。特にダム・マネー(Other Reportables)が46Kのネットショート,スマート・マネー(Commercials)が+44Kのネットロングと全く正反対のポジションに張っており,最高に理想的な展開です。
    また,日和見トレンドフォロワー(Large Speculators)がフラットなポジションでトレンドが固まるのを様子見しており,上にも下にもトレンドが出れば一気に動きます。
  • 中期的には46KのOther Reportablesのショートスクイーズが一気に相場を底上げすることになると見ています。

トレンド

  • 1月から続いた中期下落トレンドを遂に上にブレイクアウトしました。
  • トレンドはブレイクされるまではトレンドに従い,ブレイクされれば新たなトレンドに従うのが王道です。
  • 5/10(木)の$2700ライン上抜けが中期上昇トレンドの起点と考えていいでしょう。
  • より長期のスパンで見ると,2016年から続いている2年来の長期上昇トレンドを確認したと言えるでしょう。

センチメント

  • センチメントはやや強気過熱感が出て来ました。これまで総悲観だっただけに揺り戻しは大きいです。

テクニカル

  • RSIは62で上昇中。
  • MACDヒストグラムは弱気のダイバージェンスが出ています。
  • MACDライン自体は上向きですので,これから強気相場を期待します。
  • レジスタンスとサポート:現在価格は以下の節目価格を全てクリアしました。この上は青天井です。これまでの節目レジスタンス:$2680
    10DMA:$2672
    50DMA:$2677
    200DMA:$2621(強固なサポートライン)
  • テクニカル的には,短期的にはMACDヒストグラムの弱気のダイバージェンスから$2675〜$2680への押しを予想します。
  • 今回は下降トレンドラインがサポートラインとなるため深い押し($2670割れ)は想定していません。

まとめ

  • COTレポート的には週足レベルで買い。
  • テクニカルには来週前半は押し目の最大のチャンスです。

取り組み

ロングエントリー:$2680〜$2685
ロングターゲット1:$2800
ロングターゲット2:$2900〜$3000 ※新高値
ストップ                 :$2670 ※10DMA/50DMA
リスク/リウォード:$15/$120 = 1/8

$2670を割れれば再び200DMAの$2620ゾーンへの押しもあり得ます。さすがに3ヶ月間の調整を経てしっかりしたブレイクアウトを確認していますので今度こそは振り出しに戻るようなことはないと思っていますが。逆に最高のブルパターンとして$2680ゾーンへの押しもなく上昇するパターンです。

夏の新高値が楽しみですね。

日足チャート

2 thoughts on “SPX weekly 2018/05/14-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です