ナイキ(NKE) 企業分析

企業ホームページ

Nike

セクター

一般消費財

企業状況

スポーツ用品の製造・販売で世界首位です。子会社にコンバースやハーレーを保有しており,アパレル分野にも展開しています。オリンピックやワールドカップなど世界的スポーツイベントの後援やプロ選手との契約を通じたマーケティングで成功し,市場を拡大しています。

女性向け製品やネット通販ではまだ開拓余地を残しています。今後はIT分野との融合が鍵とされ,Nike+をはじめとしたスポーツ情報管理などのサービスも提供しています。

ナイキの主要製品は売上の6割を占めるフットウェアです。アパレルは残りの3割超程度です。アンダーアーマー(UA)がコンプレッションウェアを始めとするアパレルを主力製品として急成長したのと比べると,逆のバランスであり,日本のアシックスに近いですね。

2015年は世界的に売上を伸ばしました。ドル高の影響を受けたものの増収増益を維持しています。採算性の高いネット通販も伸びており,増益が続く見通しです。

成長市場

フットウェア市場は世界人口の増加,世界の中間層の増加に伴い今後も成長を続ける市場です。

以下の全世界でのフットウェア市場売上成長予測は,ナイキ(NKE)の所属するアスレティック・フットウェアだけではなく,一般的な婦人靴などを含めたものなので注意が必要ですが,おおむねCAGR5%での成長が見込まれています。

global-footwear-sales-forecast-2013-2018

競合状況

主要な競合はアディダス,VFコーポレーション(VFC),アンダーアーマー(UA),プーマなどです。ここ数年の顕著な傾向として,ナイキとアンダーアーマーの二社がアディダスやプーマを駆逐している状態です。特に米国市場におけるアディダスの凋落ぶりは顕著です。

したがって,アンダーアーマー(UA)の急成長で脅かされる心配は当面無く,着実に成長路線を歩むと思います。

nike_adidas_puma

nike_adidas_vfc_ua

最近のマーケット状況

5年チャート

直近では調整中ですが,200日移動平均線(40週移動平均線)の上まで回復しています。

nke_5yr_chart_20160219

日足チャート

nke_daily_chart_20160219

先四半期のキャッシュフロー

nke_2015q4_cf_sales

直近株価評価

現状の株価は割高です。成長余地を加味しても評価され過ぎなので買い場が難しいところです。今の株価で1年間ぐらい留まっていて欲しいと思います。

現状 スコア 満点
機関投資家比率 84.0% 15 20
機関投資家の売買動向 -0.7% 3 12
インサイダーの売買動向 -23.7% 0 12
現在の株価(資産に対する割安度) $59.31 0 20
現在のPER(Forward) 23.92 5 20
現在の配当利回り 1.1% 8 16
31点 100点

10年ファンダメンタル分析

10年ファンダメンタル レーダーチャート

小売業であるため収益力にはやや欠けますが,5年,10年共に安定した成長力と財務健全性を維持しています。

10年ファンダメンタル 得点表

以下の得点表においてナイキ(NKE)はS&P500,S&P Mid Cap400の計900銘柄中第1位の得点となりました。高いブランド力によるワイド・モートに守られ高グロスマージンを維持していますし,成長はむしろここ5年で加速しています。流動比率も圧倒的に盤石です。

5年平均 5年スコア 10年平均 10年スコア 満点
配当株総合評価 426点 416点 500点
グロスマージン(粗利率) 44.7% 40 44.9% 40 40
営業キャッシュフローマージン 10.9% 0 11.0% 0 40
株主資本利益率(ROE)平均値(Net Income/Equity) 23.1% 15 22.7% 15 20
収益力評価 55点 55点 100点
営業キャッシュフロー増加率 20.9% 40 10.9% 30 40
フリーキャッシュフロー増加率 21.9% 32 10.8% 32 32
EPS増加率 11.0% 28 10.9% 28 28
成長力評価 100点 90点 100点
自己資本比率平均値 62.6% 40 64.6% 40 40
流動比率(流動資産/流動負債) 285.4% 40 291.2% 40 40
クレジット格付け 17 20 17 20 20
財務健全性評価 100点 100点 100点
平均配当利回り 1.3% 14 1.5% 14 28
自社株買い利回り 1.9% 8 1.7% 8 16
配当金増加率 12.5% 28 14.5% 28 28
配当性向(増配余地) 29.7% 21 29.7% 21 28
株主還元評価 71点 71点 100点
ブランド力 80 60 80 60 60
エコノミック・モート Wide 40 Wide 40 40
定性的評価 100点 100点 100点

10年分析グラフ

右肩上がりの高成長です。将来の成長余地も十分で,業績という観点からは安泰な株の一つです。利益率を見ても不安定な要素はほとんどありません。

nke_10yr_analysis

優良銘柄の条件

優良銘柄の条件 結果 判定 備考
条件3:他社と差別化できる優れた新製品を持つ ナイキブランドこそが差別化の要素。
条件5:主力製品の市場が長期的に拡大し続ける余地がある  市場成長余地はまだまだあり。シェア拡大の余地もまだまだ。
条件10:売上,営業キャッシュフロー,フリーキャッシュフロー,EPSのバランスがよい 2012年あたりはEPS>フリーCFになっており,美しくありませんでしたが,2015年には美しいバランスを取り戻しました。

One thought on “ナイキ(NKE) 企業分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です