トランプ政策でナイキ(NKE)の製造拠点はどこに移るか

トランプ大統領のバイ・アメリカン政策で最も悪影響を被りそうな企業の一つがナイキ(NKE)です。

ナイキはトランプ大統領の選挙キャンペーン中にも火の粉が降り注いでいましたが,1980年代から永きに渡って米国の雇用に貢献していない企業だと名指しでバッシングをされて来た企業です。

それもそのはずで,創業者フィル・ナイトの「日本製カメラがドイツ製カメラを駆逐したように,日本製シューズがドイツ製シューズを駆逐できるか」というビジネススクールでの卒論を実践に移したような企業だからです。

つまりナイキは創業当時からファブレス志向だったということです。ファブレスとは工場を持たず,多くはオフショア(海外の安価な労働力の地域)の契約工場に生産を一括で委託するという生産スタイルです。

ナイキのホームページには,MANUFACTURING DISCLOSUREという製造拠点に関する情報開示のページがあります。ここには2016年11月時点での645工場が載っています。

この表は見ているだけでも楽しいのですが,分かりやすいようにパイチャートにしてみると以下のようになります。

Nike_Manufacturing_disclosure

1位のベトナム,2位のインドネシア,3位の中国で全体の3/4を製造していることになり,ナイキが極めてアジア偏重な製造シフトをとっていることがわかります。

この中でもトランプのバイ・アメリカン政策で最も槍玉に挙がっているのが中国(ナイキ製品のうち19%を製造)です。

トランプも無策ではないと思われるので,一度にあらゆる国家を敵にして貿易協定の見直しやペナルティーを迫るということはまずないでしょうから,槍玉に挙がった国々は順番に協定見直し交渉に引き摺り込まれたり,訴訟に巻き込まれたり,関税が引き上げられたりすることが予想されます。

その場合,ナイキにとって痛手なのは,中期的な製造委託先を決定する際に不確実性が高すぎることでしょう。

ナイキの製品は1製品あたり企画から販売まで約1年かかっています。

ということは,1足の新たなシューズを作るにしても,1年先を見越して製造拠点をどこにし,原価をいくらに設定するかというプランを「販売の1年前の時点で」起案しないといけないのですが,これが今は難しいです。今後1年の間に中国との貿易摩擦・嫌がらせの報復合戦が起きてしまうと製品ローンチサイクルが完全に狂って来ます。

この対策として考えられる1案はベトナム・インドネシア比重を高めることです。ナイキはシューズの委託ノウハウに関しては,強豪のアディダス,アンダーアーマーと比較してもはるかに上だと思っています。(ナイキにとってはアジアへの開発全面委託こそが価格競争力の根源なので。)なので,最も安全パイなのはこちらですね。

そして2案目は,トランプの望む米国への工場移転です。オートメーション化した工場を米国に新たに作るというのは耳触りは良いのですが,設備投資が必要なのでナイキ本来の価格競争力がそがれる結果になります。

下図のナイキ・フライニット(革ではなく繊維を紡績して作った編み物のようなシューズ)であれば,靴底の貼り合わせ以外はオートメーション化が進んでいますが,ジョーダンのような複雑な組み立て工程を要するシューズに関してはオートメーションは難しい。

あり得る落とし所としたら,付加価値の高いNIKEiD(顧客ごとにカスタマイズ可能なシューズ)のみ米国製造という案でしょうか。とにかく米国移転話が出て来たら要注意ですね。

flyknit

以下のビジネスインサイダーの記事ようにスニーカー価格(原価)が上がることを予想する声もあります。

ナイキはシューズ業界ではワイド・モートな企業の一つなので,政策に由来する原価アップを製品販売価格に上乗せすることは辛うじて可能だと予想します。ただし,それによって売り上げ増(単価アップ)したとしても,残念ながら利益率には貢献しない値上げなので投資先としての魅力はやや落ちます。

果たしてどうなるでしょうか。

What the Trump presidency could mean for sneaker prices

If President-elect Donald Trump has made anything clear about what he plans to do once he takes office, it’s that he wants to make some changes to trade.

More specifically, he’s in opposition to the Trans-Pacific Partnership, a trade agreement among 12 Pacific Rim countries designed to facilitate the movement of goods among them.

The TPP has been a hotly contested trade issue for years, championed by President Barack Obama as an agreement to increase wealth in the US by opening up Asian markets to American goods. Critics say it would endanger American workers by tempting companies to outsource their factories to Asia.

A vote on the deal has still not be held in Congress, and its future is now largely in doubt since Trump’s historic election victory. Internal documents from Trump’s transition team obtained by Politico reportedly say pulling out of the deal will be at the top of Trump’s agenda in his first 100 days.

A large percentage of footwear is made in countries included in the TPP pact. Why does that matter for sneakers? Tariffs are high for footwear, ranging from 5% to 40% depending on the materials used, according to the Office of Textiles and Apparel.

About 97 to 99% of sports footwear sold in the US is made elsewhere, accounting for nearly $3 billion in tariffs paid, according to the pro-trade organization Footwear Distributors and Retailers of America. Nearly half a billion dollars of that comes from TPP countries, chiefly Vietnam and Malaysia.

China — which, with 66% of inventory, is the largest exporter of shoes to the US — was not involved in TPP negotiations. The second-largest exporter, Vietnam, was.

TPP would reduce or eliminate tariffs for shoes imported from Vietnam and some other countries into the US, reducing the built-in cost to outsource sneaker manufacturing overseas.

This would potentially reduce the cost of sneakers in the US, according to NPD group analyst Matt Powell, and an increase in sports shoe sales overall.

The players
Nike, the largest sportswear maker in the world, made no secret of the fact that it was in support of TPP. It has 26 footwear factories in Vietnam, the majority of which create shoes for the American market. The swoosh promised to bring up to 10,000 jobs to the US should the pact be approved and put into action. Nike said a reduction in tariffs could be used toward more advanced manufacturing.

The German sportswear giant Adidas also supported the deal for similar reasons.

obama nike
President Barack Obama speaking at Nike headquarters in Beaverton, Oregon, in 2015.Don Ryan/AP

New Balance, which manufactures up to 25% of its shoes in the US, notably opposed the trade agreement. The company recently reiterated its stance on the agreement, which some mistook for support of Trump policies. Many began burning or throwing away their New Balance shoes in protest.

The game
In all likelihood, from what Trump has said previously and the documents obtained recently, TPP won’t be on the table in a meaningful way anytime soon.

That means prices will most likely stay the same for footwear, and any hope for some relief from the problems pressuring giants like Nike will not abate soon. The possibility of greater sales while maintaining similar margins is out the window for sportswear companies that import the vast majority of their footwear. If Trump does renegotiate trade deals with China and other countries like he said he would like to do, however, that could spell higher tariffs and subsequently higher prices for many sneakers sold in the US.

But with TPP off the table, initiatives like Adidas’ “speedfactory” in Atlanta seem more important than ever, as more advanced manufacturing methods mean high-tech factories in the US make more economical sense.

There’s a potential for more “made in the USA” written under your shoe’s tongue in the coming decades.

One thought on “トランプ政策でナイキ(NKE)の製造拠点はどこに移るか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です