アルタ・サロン・コスメティックスにてディストリビューション警報

アルタ・サロン・コスメティックス&フラグランス(ULTA)は,私が現在最も注目しているグロース株です。前回の記事でも取り上げたとおり,ファンダメンタルは絶好調であり売上・利益ともにすばらしい数字をたたき出し,株価についても取っ手付きカップのチャートから上にブレイクアウトしました。

しかし,昨日2016年4月15日のチャートを見てみると,どうも機関投資家のディストリビューションが発生しているようです。下のチャートの4月15日の出来高が通常の6倍程度まで増加しているにもかかわらず,ローソク足の動きは小幅な陰線です。
この動きは機関投資家が「値動きを極力抑えながら,相場を冷やさないように売り抜けている」構図の可能性があり要注意です。ここ1ヶ月で25%以上の上昇を見せてきただけに,短期利食いポイントに差し掛かっていると思われます。出来高に変化が出たのは昨日のみであり,今後1週間から2週間ほど様子を見ましょう。もし,同様の大商いの小陰線が続くようであれば空売りポイントが近いです。

ulta-daily-chart-20160415

といいつつも,私はアルタ・サロン(ULTA)についてはファンダメンタル的にStrong Buyの姿勢は崩していません。現在の株価についても業績に裏打ちされておりForward PERで見ると22倍〜30倍でほぼ横ばいです。決してバリュエーションが不適切とは思いません。もしここで大きく下がるようなことがあればナンピンがおすすめです。

ulta-price-per

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です