インテューイティブ・サージカル(ISRG) 2015Q4決算

インテューイティブ・サージカル(ISRG) の決算はEPS,売上ともにポジティブサプライズでした。相場全体が調整含みですが,市場の調整が終わればこうした決算の良い株は物色されます。「市場のアップトレンド+取っ手付きカップ」となれば安心して買えますので,来週中の市場の強さを確認したいと思います。

企業概要

インテューイティブ・サージカル(ISRG) 企業分析

決算日

2016年1月21日

決算資料

Intuitive Surgical 2015Q4

決算概要

 2015Q4決算数字

コンセンサス 結果 サプライズ(%) 評価
EPS($)  $5.04 $5.89 +16.9%
今期売上高($)  $655M  $677M +3.4%
前年同期比
売上高成長率(%)
 (前年同期)
$601M
 YoY +12.6%  —
グロスマージン(%) 67.8%
営業利益率(%) 36.3%
純利益率(%) 28.1%
来期EPSガイダンス($)  —  なし  —

 2015通年決算数字

コンセンサス 結果 サプライズ(%) 評価
EPS($)  $18.40 $19.28  +4.9%  ○
前年同期比
EPS成長率(%)
 (2014年通年)
$16.1
 YoY +19.8%  ○
今期売上高($)  $2.36B $ 2.38B +0.8%  △
前年同期比
売上高成長率(%)
  (2014年通年)
$2.13B
YoY +11.85%  ○
グロスマージン(%) 66.2%
営業利益率(%) 31.0%
純利益率(%) 24.7%

 2015Q4サマリー

・売上高はYoYで+15%のプラスでした。売上高成長の主要因は,米国での汎用外科手術の増加と,全世界での泌尿器科手術の増加によります。
・ダ・ヴィンチ出荷台数ベースでは2014年Q4の137台に対し,2015年Q4は158台へと+15%の伸びでした。
・EPSは2014年Q4の$4.92から2015年Q4の$5.89へとYoYで+19.7%増加しました。
・セグメント別の手術数では,婦人科は横ばい傾向ですが,泌尿器科はYoYで+12%および汎用外科手術はYoYで+31%と大幅増でした。
・在庫は2014年末$181.7Mから,2015年末$167.9Mへと減少しており,ダ・ヴィンチシステムへの需要が伸びていることを表しています。

売上比率

以前より,「装置+アクセサリー」売上:「サービス」売上が3対1程度の比率で推移しています。医療機器であるという性質上,顧客である病院側は一度購入した後はメスなどのアクセサリーの交換や,保守点検などサービス費用は継続的に支払うことになります。

一度売ってしまったらおしまいの家電等に比べると,消耗品・サービスという確実な収益を確保できることになります。

isrg-total-revenue-2015q4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です