スリーエム(MMM) 企業分析

企業ホームページ

3M Company

セクター

資本財・サービス(その他製造業)

企業状況

化学や電気素材を中心とした多角的経営のメーカーです。電気,電子,ヘルスケア,通信,自動車,交通,オフィス,ホーム&レジャーなど幅広い分野を手がけています。製品数は5万5000種類あり,取得・申請済み特許数は3万8500件以上あります。グローバルカンパニーであり世界85カ所に研究所を持っています。

海外売上比率は65%前後でドル高の影響を大きく受けており,2015年上半期は一部製品の値上げ実施後も全部門で減収となりました。

50年以上の連続増配を続ける配当王としても有名であり,安定した業績を維持しています。

3Mのビジョンは以下の三本柱からなります。

3M Technology Advancing Every Company
3M Products Enhancing Every Home
3M Innovation Improving Every Life

市場

法人向けの電子部品から日用製品や事務用品まで幅広く,市場の成長余地は大きいでしょう。

競合状況

競合はヘルスケア分野ではジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)などが相当するようです。ただし,製品種類が多岐にわたり多数の事業部門を有しているため競合比較は難しいです。

最近のマーケット状況

5年チャート

2015年以降は冴えませんが,$130をサポートラインとしてボックス圏で推移しています。

mmm-5yr-chart-20160212

日足チャート

今年1月26日の決算でコンセンサスを上回るガイダンスを発表してから反発を見せており10日移動平均,50日移動平均,200日移動平均を上抜けました。

mmm-daily-chart-20160212

 

直近株価評価

株価は割高です。

現状 スコア 満点
機関投資家比率 69.0% 10 20
機関投資家の売買動向 -4.2% 3 12
インサイダーの売買動向 -1.5% 9 12
現在の株価(資産に対する割安度) $153.96 0 20
現在のPER(Forward) 17.26 10 20
現在の配当利回り 2.9% 12 16
44点 100点

10年ファンダメンタル分析

10年ファンダメンタル レーダーチャート

10年ファンダメンタル 得点表

グロスマージンは48%と上々で高い収益力を誇ります。CFの伸びも鈍化してはいますが停滞とまでは行きません。長期的には成長銘柄だと見なせるでしょう。

財務は盤石で株主還元も十分に行う余地があります。多種のニッチ製品でワイドモートを形成していると言えると思います。

5年平均 5年スコア 10年平均 10年スコア 満点
配当株総合評価 312点 319点 500点
グロスマージン(粗利率) 48.0% 40 47.9% 40 40
営業キャッシュフローマージン 19.3% 10 18.4% 10 40
株主資本利益率(ROE)平均値(Net Income/Equity) 27.6% 20 30.4% 20 20
収益力評価 70点 70点 100点
営業キャッシュフロー増加率 4.0% 10 5.3% 20 40
フリーキャッシュフロー増加率 4.9% 16 6.4% 24 32
EPS増加率 4.9% 14 4.1% 14 28
成長力評価 40点 58点 100点
自己資本比率平均値 46.1% 30 47.2% 30 40
流動比率(流動資産/流動負債) 196.2% 30 189.9% 30 40
クレジット格付け 17 20 17 20 20
財務健全性評価 80点 80点 100点
平均配当利回り 2.7% 21 2.8% 21 28
自社株買い利回り 2.4% 12 1.8% 8 16
配当金増加率 13.3% 28 8.3% 21 28
配当性向(増配余地) 38.3% 21 38.3% 21 28
株主還元評価 82点 71点 100点
ブランド力 12 0 12 0 60
エコノミック・モート Wide 40 Wide 40 40
定性的評価 40点 40点 100点

10年分析グラフ

2014年〜2015年にかけてBPSが低下しました。海外売上が6割以上を占めるため,ドル高の影響で業績は圧迫されていますが,高収益な体質は維持できています。CFについては順調に成長を続けており,利益率もやや上昇傾向です。

mmm-10yr-analysis

優良銘柄の条件

優良銘柄の条件 結果 判定 備考
条件3:他社と差別化できる優れた新製品を持つ  ニッチな製品多数
条件5:主力製品の市場が長期的に拡大し続ける余地がある
条件10:売上,営業キャッシュフロー,フリーキャッシュフロー,EPSのバランスがよい  売上減でもバランスは維持。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です